過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

金融業者から過払い金を取り戻そう!について

過払いの返還請求についての手続きなどでお困りの方は多いのではないでしょうか?

そういった方々のために、過払い請求について、色々とご案内しております。
皆様のお役にたてることを願っております。


これから過払い請求を行う事を検討している人にぜひ知っておいてほしいのがグレーゾーンの存在です。グレーゾーンは二つの法律で決められた利子の上限額の差の事を言います。

なぜ、支払いすぎるという事が起きるのかという事はグレーゾーンに関係しています。そのため、ぜひ理解しておいて欲しいと思います。

分かりやすく説明しているホームページを見つけるといいでしょう。過払い請求を行うには司法書士や弁護士の所に行って直接話をする事もあるでしょう。

基本的な事が分からないと話が思う様にできなかったり、自分の希望などが伝えられなかったりする事もあります。仕組みが分からないという人は事前に勉強しておくといいかもしれませんね。

HELP 過払いについて詳しく。

金融機関に過払い請求

金融機関は、顧客に貸し出したお金を回収する時に同時に支払ってもらう利子によって利益を得ています。利子の金額が多ければ多いほど利益が多くなります。

以前は、グレーゾーンの分まで利子が発生する事もありました。

しかし、近年では利息制限法を超えて利子を顧客から取る事は禁止されています。過払い請求という事が認知される様になり、過払い請求の手続きを行う人も増えている様です。

また、不況の影響で借金の返済が難しくなる人も増えるという事も影響し、金融機関が得られる利益は昔に比べると得られる利益は少なくなっている様です。

更に経営にまで影響が出てしまっている事もある様です。中には自己破産にまで追い込まれている金融機関まである様です。金融機関の中には経営は大変な所もある様です。

カードローンの過払いのトラブル

カードローンに関する問題を早期に解決したい場合には、過払い金のシステムをじっくりと理解することが重要となります。 近頃は、過払い金の悩みを抱えている日本人が大勢いるといわれていますが、定期的に信頼のおける法律事務所のスタッフに助言を受けることがとてもおすすめです。

過払い請求の時期に関しては、素人が判断をすることが難しいとされ、まずは実績のある法律事務所の取り組みに注目をすることが大事です。 そのほか、過払い請求のメリットやデメリットを把握するうえで、より多くの経験者の体験談に目を通すことが良いでしょう。

過払い金の仕組みを理解して過払い請求をしよう

過払い請求は、払いすぎた利息である過払い金を賃金業者やクレジット業者に、請求をする手続きです。以前は、利息が高く多重債務をしている人も多くいたことでしょう。2008年以前は、多くの賃金業者が高金利で貸付を行っていました。

グレーゾーン金利というものが存在して、利息制限法と出資法という2つの法律の間に定められる上限金利が異なることでうまれたものが過払い金です。このことを理解し、自分が過払いをしていた対象かを知ることが大切です。それが近年、過払い金を取り戻せることが認められました。この仕組みを理解して過払い金をとりもどしましょう。

債務整理で得られる日常を

会社経営の為だけでなく、近年は生活の為にも気軽に借金に手が出せるようになっています。ショッピングローン、銀行キャッシング、住宅ローンに自動車ローン、これらは全て借金です。

借りたのだから返さなければいけない、でも返済用のお金がないから、また別の所にお金を借りて生活費や返済に回すなどの結果多重債務に陥ってしまいます。これでは通常の日常を過ごせるはずがありません。

解決方法の一つに債務整理があります。これまでの借金を月々いくら返せるのか、どこへいくら返すのか計算して約束をし直すのです。決して後ろ向きの解決策ではなく、計画を立て直す事で穏やかな日常を取り戻す為の方法です。

債務整理を実施する上での弁護士の選定方法

多重債務に苦しんで、債務整理と言う手段を選ぶ人は大勢いると思いますが、その時に注意しなければいけない事をお話しします。まず、弁護士や司法書士に依頼するのですが、よくテレビやネットで、相談は無料で何度でもできますと書いてありますが、これには注意しなければいけません。

何度も相談しているうちに、知らず知らずに契約してしまっているという事があるからです。それに、依頼した弁護士や司法書士の成功報酬にも気を付けなければいけません。折角債務整理したのに、その多くを成功報酬に取られては借金をなくした意味がなくなってしまうからです。

多重債務者であっても債務整理が可能か

多重債務者であっても債務整理が可能な事は言うまでもないでしょう。しかしながら、それぞれの借金の状況においてしっかりと把握し直し、適した債務整理をおこなうことで、早期解決が可能になることでしょう。また、それぞれの借金についても向き合ういい機会となりますので、借金の整理は必要不可欠なことでしょう。

多重債務の状態においては、混乱してしまっているようなケースもあるかも知れませんので、気持ちを落ち着けてしっかりと向き合って行くことが大切になります。そうしたあとでより具体的な方法について考えて行くべきでしょう。

任意整理のことで借金相談をする

任意整理のことで借金の相談をする事は、多くの債務者に必要なことでしょう。このことから、その債務者にとってより良い道が見つかるかも知れませんので、借金相談は大切なことでしょう。借金相談については無料相談をおこなっている機関や市町村の窓口などがあります。

そのような機関では無料相談だけでなく、必要があれば希望に合わせて弁護士や司法書士に依頼することをしてくださいます。依頼してもらうことで、信頼ができますので任意整理についても、より良い対策を見つけることができるでしょう。一人で抱えている事は深刻化の元になりますので、そのような事はできるだけ避けるようにしましょう。

任意整理も自己破産のように制限あり

自己破産を行っている人は、当然制限を受けるようになってしまいますから、この制限に苦労している状況も多くなっています。何よりも一番都合の悪い問題は、お金を借りられない状況になっていて、借りたいと思ってもしっかり行える環境にならないのです。

自己破産を行っている場合は、とくに気をつけることとなりますが、任意整理でも起きてしまう問題になっています。実際に行っていく場合には、任意整理でも借りられない状況が生まれて、当面貸してくれません。借りたいと思っても、会社が断ってくるケースが多くなってしまい、借り入れという手法は使えません。

自己破産の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]
https://www.jikokaiketsu.com/ [交通事故慰謝料や賠償金や後遺障害などの交通事故相談]
https://www.bgata-kyufukin.com/ [B型肝炎訴訟、給付金]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

ページトップへ戻る