過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

自己破産の手続きを本人に代わって行う司法書士、弁護士

借入金が重荷となって生活が立ち行かない場合の最後の砦が自己破産ですが、破産手続きは本人が行うのが原則です。  しかし、破産しただけでは借金の返済義務はなくならず、免責手続きを行って初めて債務から解放されます。また、借入金の返済義務を免ずる一方で、財産だけは手元に残しておくことは、道義の上でも法律上もできません。

 そこで、自己破産はしたけれど債務から解放されない、破産をしたら住んでいる家も手放すことになるのを知らなかったなどのトラブルを防ぐには弁護士、司法書士のサポートが重要です。  自己破産の手続きを本人に代わって行うことができる法律のエキスパートが司法書士、弁護士です。

自己破産を検討しているなら借金相談を

自己破産を検討しているのであれば、弁護士に借金相談をするのがおすすめです。弁護士は、自己破産が可能かどうか検討してくれますし、相談者が依頼をすれば、手続を代わりに行ってもらうことができます。

また、人によっては別の手段を用いた方が借金問題解決に資することもあります。そういった時には、借金相談時にアドバイスをしてもらうことができます。それぞれの手法には、良い点だけではなく悪い点もありますので、この助言を受けることはとても重要です。したがって、借金問題で悩んでいる方は、はじめに借金相談をするべきです。

自己破産で所有している資産はどうなる?

自己破産をするとき、貯金がある場合には、当然債権者への返済にあてなければなりません。ただし、しばらく生活をするための一定のお金については残せます。土地などの資産についても、売却をして債権者への返済にあてられます。

自動車なども基本的には売却されますが、売却をしても20万円以下にしかならないような、中古自動車については所有を続けられることもあります。自己破産をするときは、まずは借金相談をしてみましょう。任意整理や個人再生といった別の方法のほうがメリットがある場合もあります。メリットとデメリットを総合的に考慮して、最適な方法を選択しましょう。

ページトップへ戻る