過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

司法書士の借金相談を受けると

自分が司法書士の借金相談を受ける事になると、その後の流れについて気になるかと思います。司法書士の借金相談を受けると、債務整理が行われる事が多いと思います。借金相談において司法書士は、借金の状況など詳しい事を債務者から聞き出します。

債務整理は複数ありますので、借金相談の内容を踏まえて、司法書士がどの方法が向いているかという事を提案してくれる事でしょう。最初は借金相談で司法書士と債務者が内容の食い違いなどが発生しない様に、しっかりと話をする事が大事になります。

その次にようやく法的に解決する事になります。場合によっては、借金をすべて解決するまでに時間がかかるという事も予想されます。

弁護士には借金相談をする

弁護士には借金相談をする事は、十分にありうることでしょう。最近においては同じ法律家である司法書士についても、借金相談をおこなうようになりましたが、リーズナブルな事はさることながら、実は制限などがあることがあげられます。

司法書士においては140万円以内でありますので、その範囲内であれば司法書士に依頼することを考えて見てもいいでしょう。借金の相談については、債務整理がメインになりますので、多くの人がより良い手段で借金返済ができるといいですね。さまざまな弁護士がいますので、その人その人のやり方で対応していくことが望まれています。

弁護士に借金相談をするメリットを知りたい

借金相談についてインターネットで調べると、真っ先に出てくるのは「借金相談 弁護士」といった言葉です。それくらい借金=弁護士というイメージが非常に強いのです。しかし相談するにもお金がかかります。そこまでお金をかけてまで相談するメリットは一体どこにあるのでしょうか?

相談してほしい人としては多重債務を抱えている人です。多重債務者の多くが、「こちらの会社に返済するために、今度はここから借りよう」という意識があり、そのためどんどん返済が膨らんでいってしまいます。そこの返済ができなかった時点で、専門家に相談しておけばそこまで借金が膨らむ前に対策を取ることができます。

弁護士や司法書士に借金相談しに行く

弁護士に借金相談しに行くケースは、人には言いたくない人もいるでしょう。借金についてはデリケートな問題であり、一人で問題を抱えていて深刻化しているようなケースもあるでしょう。そのような人においてはせめて第三者に相談することをおすすめします。

そうすることで客観的な意見を聞くことができ、早い段階で借金の返済や解決ができるようになるからです。借金の具体的な返済や解決方法については、法律家である弁護士や司法書士に相談することで、早期解決をおこなうことができるでしょう。必要に応じて債務整理などの手段をとっていくことが予想されます。

任意整理と借金相談について

裁判所を通すことなく、司法書士が債権者と直接返済方法や金額について交渉し、契約成立させる手続きとして任意整理があります。法律の上限を超える金利での取り立てなどに対して、法律に準じた金利での利息再計算や過去の過払い金の整理、将来の利息の分割払いなどの交渉を行い、借金全体や将来の支払金額の減額を目指して交渉を行います。

裁判所を通さないため、自己破産手続きに比べて手続きが簡単であり、すべての債務整理手続きの中で最も多く利用されています。現在返済中の借金が減るかどうかまずは借金相談を司法書士事務所に行うことをお勧めします。

借金相談関連

ページトップへ戻る