過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

リストラされ司法書士に借金相談をする人が増えています

リストラが増え、借金相談を司法書士にする人が増えています。職を失い、収入が激減してしまい、借金を解消しないと生活に支障が出るからです。債務整理を恥ずかしがらないでください。

いろいろな事情により、債務が増えてしまったものを解消しなくては、生活は楽にはなりません。司法書士に正直に自分の窮状を相談して、借金の整理をするように心がけましょう。

債務整理にはいろいろな方法があります。自己破産、個人再生、任意整理とありますが、どれが自分に最適かは、司法書士と相談して決めるといいです。大切なことは一人で悩まずに相談することです。

弁護士に借金相談をおこなう

弁護士に借金相談を行う事は最近では珍しいことでもなくなりつつあります。借金の問題について悩んでいる人は周囲にはいないようにも思えますが、知らないところで借金に悩んでいる人は多くいる世の中です。弁護士などの法律家にじっくりと相談することで、借金の深刻化を防ぐことも可能になるでしょう。

法律事務所に関しては借金の問題が多くの人が利用することとなりますので、初回の相談は無料などのサービスをおこなっているようです。ラインやメールなどでも気軽に相談できるようになっていますので、利用者は気軽に相談することが可能でしょう。少しでも早く借金が解決すればいいですよね。

弁護士に借金相談するにはどれくらい費用が必要?

弁護士に借金相談をするためにはどれくらいの費用が必要なのでしょうか?その相談内容にもよって異なりますが、任意整理でしたら着手金が各社に対して2万円、つまり多重債務を抱えている人は整理したい会社の数だけこちらのお金がかかることになります。

例えば5社整理したい会社があるとすると2×5で10万円が着手金としてかかる計算になります。また自己破産の場合には会社の数で計算させるのではなく、大体10万円から15万円程度が相場と言われています。このほかの成功報酬などが入ってくるのですが、こちらはそれぞれの内容によって大幅に価格が変わってきます。

任意整理をするための借金相談

借金をしてどうしても返せなくなってしまったら、一人で悩んでもどうにもなりません。取り立ては厳しくて、返すお金を借りるためにさらに借金をしなければならない状況になったら、少しでも早く弁護士に借金相談をするのが賢明です。いくつかある中で、もっともリスクが少なく、デメリットも少ないのが任意整理です。

これは、裁判所を介さないやりかたです。利用する人がもっとも多い理由は、ローンの払い終わっていない自分の車や、マイホームを、差し押さえられることがないために手放さなくともいいからです。かかる費用も弁護士費用だけです。

任意整理などの借金相談は専門家に頼ります

借金が膨らんで取り立てもきつく、自分でどうにもできなくなったら、専門家である、司法書士や弁護士に頼るのが賢明です。しかし、司法書士は140万以内のものしか扱えません。それ以上の金額であれば弁護士に依頼します。最初から弁護士に依頼するのは敷居が高いので、なかなか決心がつかない方は、無料相談から始めるのがいいです。

借金相談がしたいといえば話は進みます。任意整理の和解交渉は、司法書士や弁護士が代理人になって行います。借り入れを開始した時期に立ち返って再計算を行う方法で、利息の制限法に則った金利に下げて算出して借金を減額し、返済を続けていきます。

借金相談関連

ページトップへ戻る