過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

弁護士に依頼で返済額の縮小と過払い

結果として過払いを行う事で多額の費用が戻ってきたという時には、残りの返済額を縮小するという事も可能でしょう。

弁護士事務所の広告などにも過払いについて書かれている事がありますが、過払いを行えば常にスムーズに返済額を縮小できるかはわかない様です。

過払いは発生していたとしても、全額を無事に取り戻せるケースばかりではありません。過払いを取り戻すために訴訟を行うとその費用がかかります。ですので、戻ってきたお金を返済に使用したいという気持ちは理解できますが、必ずしも思い通りに解決できるかはわかりません。少しでも理想的だと思える方向に向かいたいですね。

返済が終了でき、さらに手元にお金が戻ってくるとうれしいですね。

ページトップへ戻る