過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

弁護士に依頼して過払い請求

一般的な流れとして、過払い請求を行う際には書類で金融機関に返済してもらうよう求める事が多いですが、対応してもらう事すらできないケースもあります。

ほとんどの場合は連絡がこない様です。
特に個人であれば、はね返されてしまう事も少なくないみたいですね。

そこで、対応してもらえない可能性が高いという場合には、金融機関と交渉を行う事なくいきなり訴訟して過払い請求を求める事もできます。訴訟をすぐに行う事で、無駄な手続きを省く事ができます。

手続きを行っていざ金融機関に連絡を取ったとしても、弁護士に依頼して代わりに対応してもらうか、または訴訟とならない限りは払い戻せる可能性は非常に低い様です。

そのため、中には取り戻す事自体断念してしうまう人も少なくありません。
法律のプロに依頼してお金を取り戻す努力はしたいですね。

ページトップへ戻る