過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

債務整理

借金の支払いが困難な方は特定調停という債務整理の方法があります。

特定調停とは裁判所に申し立てをして、借金の支払いが可能な範囲まで減額してもらう手続きです。

これは、2000年から施行された債務整理の方法で、債務者が経済的再生することが目的となっています。

簡易裁判所に申し立てを行うことで債権者は債務者に取り立てすることが禁止されていますので、取り立てに悩んでいる人も安心して将来の事を考えることができます。

調停成立後は調停調書が発行されますので、それに基づいてきちんと返済をしましょう。

ページトップへ戻る