過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

利息制限法を越える金利

グレーゾーン金利という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

過払い請求はこのグレーゾーン金利で必要以上の金利を支払った人が、利息制限法で定められた額よりも、多く支払った金利を取り戻すことを過払い金請求といいます。

このグレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間の金利で業者が設定して、貸付を行うことをいいます。

利息制限法の上限金利
20%:借入額10万円未満
18%:借入額10万~100万円未満
15%:借入額100万円以上
出資法の上限金利
29.2%

この二つの法の間がグレーゾーンと呼ばれています。
悪意のある金融業者はこのグレーゾーンで必要以上の金利をつけて、貸付けを行っていました。

ページトップへ戻る