過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

過払い請求ができる期間

過払い金の請求は、既に支払いが終了しているものでも、申し立てを行うことが可能です。

ですが、請求できる期間は限られており、その期間内に請求を行わなくては、過払い金の金額が高額であっても、請求することはできません。

ですので、自分が過払いの可能性があると思われる方は、早急に確認を行うことが大切といえます。

申し立てが期間は、完済した日から10年となります。
10年を経過してしまうと、請求することが出来ません。

完済日から、10年を経過しても、請求が行えるのは、数度にわたり、借り入れを行っていたのであれば、最終完済日から、全ての過払い金を請求することが可能です。

ただし、借り入れ間隔が10年以上の開きがないことが条件となります

ページトップへ戻る