過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

弁護士に代理で自己破産を依頼する場合と保証人

あまりにも取り立てが厳しく、またこのままだと返済する事がとてもできないという時には、弁護士に相談すると、債務者の代理として自己破産を行う事もあります。

自己破産を行うと債務者に対しては取り立てがストップすると考えられます。

しかしながら、注意したいのが保証人の事です。保証人に取り立てが行く可能性が高くなってしまします。更に、保証人を辛い立場に追い込んでしまう事も考えられます。

債務者と保証人が共に破産宣告をしなくてはいけないそうです。できれば弁護士に相談する前に保証人にもきちんと話をしておく事をおすすめします。保証人に知られず破産の手続きを終える事はできない様です。

ページトップへ戻る